前屈のバリエーションからはじまり、木のポーズ、ダンサーのポーズ、ワシのポーズ、ねじった椅子のポーズで主に下半身にアプローチをいれます。
また、バランスのポーズは心の状態が反映されやすいポーズです。「出来た・出来なかった」という結果に意識を向けるのではなく、今の自分を知る為のツールとしてポーズを行なってみましょう。